写 真 館
幼少期
 
           
 
 
   
 
 
  昭和7年6月24日、藤井家の次男として誕生。写真は満1歳。生まれたとき、すでに3750グラムを越えていた。     満4歳。東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)附属幼稚園時代。自宅にて兄が撮影。この写真は写真展にも入選した。  
 
 
           
 
 
   
 
 
 

満5歳。箱根仙石原で同じく兄の撮影。この頃までに体は小学校2,3年生ぐらいあった。

    家族と一緒に。父親と手をつなぐのが本人。父親は広島県福山市の出身で、東大医学部卒の内科医であった。  
 
 
           
 
 
   
 
 
  昭和14年4月、高等女子師範学校附属小学校に入学。体はクラスで一番大きかった。     戦時中、学童疎開した久米川村(現東京都東村山市)の集団疎開学園入り口で。看板横で腰に手をあてるのが本人。  
 
 
           
 
 
   
 
 
  小学校6年生。     同じく小6。  
 
 
           
 
 
       
  小学校の卒業写真。最後列真ん中が本人。並外れて体の大きいことがわかる。とにかく健康優良児。 →拡大        
 
 
 
 
        【追加ギャラリー】
 
           
 
 
   
 
 
  3歳の頃、祖母に抱かれて。     4歳の頃、雪の積もった本郷の自宅の庭で。  
 
 
 
           
 
 
   
 
 
  母親と兄弟で。中央下が本人。        
 
 
 
 

Copyright 2008 Hirohisa Fujii Office. All rights reserved.