写 真 館
大蔵省時代
 
           
 
 
   
 
 
  谷村課長の随行で仙台に出張の際、松島にて。 →拡大     当時の課員と砂浜で相撲をとる。  
 
 
           
 
 
   
 
 

昭和32年6月、旧ソ連がスプートニクス1号を打ち上げた日に、帝国ホテルで祥子夫人と挙式をあげた。 →拡大

    新婚時代、祥子夫人と。  
 
 
           
 
 
   
 
 
  昭和37年7月、30歳で神奈川県藤沢税務署長に就任。写真は一日税務署長として加山雄三さんを招いたときのもの。    

昭和40年主計局に入り、国家予算をつくる仕事にたずさわる。外務、通産、厚生の各省の予算編成に従事。経済協力・中小企業支援・社会保障等々、その仕事は多岐に渡っていた。写真は外務省予算組立てのために視察したロンドンにて。

 
 
 
           
 
 
   
 
 
  外務省担当時代の世界視察。イタリア、フィレンツェにて。     スイス、ジュネーブにて。  
 
 
           
 
 
   
 
 
  アルゼンチン、ブェノスアイレス郊外の日本人移住地視察。     家庭では、一男一女の父親。  
 
 
           
 
 
   
 
 
  昭和45年には厚生省担当。当時、大型社会福祉政策の長期プラン編成の中核として活躍。大蔵省の役人として初めてハンセン病治療施設を訪れる。     昭和46年7月、佐藤栄作内閣の竹下登官房長官秘書官に。写真は竹下官房長官と。翌47年7月には、田中角栄内閣の二階堂進官房長官の秘書官に。2代の長官につかえることは異例だった。 →拡大  
 
 
           
 
 
       
  49年8月、大蔵省にもどり、主計局主計官国土計画・環境・司法・地方財政・販売事業等、6兆円近い予算編成の責任者として活躍。写真は予算委員会における国会答弁。 →拡大        
 
 
 
 
 
 
 
 

Copyright 2008 Hirohisa Fujii Office. All rights reserved.