藤井裕久の経歴                                      PDF形式→

       
・昭和  7年 東京生まれ    
・昭和 29年 国家公務員試験6級職(法律)合格    
・昭和 30年 東京大学法学部 卒業    
  大蔵省 入省    
・昭和 37年 神奈川県 藤沢税務署署長    
・昭和 40年 大蔵省主計局主計官補佐    
・昭和 46年 佐藤栄作内閣 竹下登内閣官房長官秘書官    
・昭和 47年 田中角栄内閣 二階堂進内閣官房長官秘書官    
・昭和 49年 大蔵省主計局主計官    
・昭和 51年 大蔵省退職    
・昭和 52年 第11回 参議院議員通常選挙(全国区)に自民党から出馬 初当選    
・昭和 56年 大蔵政務次官    
・昭和 58年 第12回 参議院議員通常選挙(全国区)に自民党から出馬 2期目当選    
・昭和 59年 参議院大蔵委員長    
・昭和 61年 第38回 衆議院議員総選挙(旧神奈川3区)に自民党から出馬 落選    
・平成  2年 第39回 衆議院議員総選挙に自民党から出馬 初当選    
・平成  5年 衆議院大蔵委員長    
  自民党を離党、新生党を結党    
  第40回 衆議院議員総選挙に新生党から出馬 2期目当選    
  細川内閣で大蔵大臣に就任    
・平成  6年 羽田内閣で大蔵大臣に就任    
  新生党を解党、新進党を結党    
・平成  8年 第41回 衆議院議員総選挙(神奈川14区)に新進党から出馬 3期目当選    
・平成 10年 新進党を解党、自由党を結党    
・平成 11年 自由党幹事長兼政策調査会長に就任    
・平成 12年 第42回 衆議院議員総選挙に自由党から出馬 4期目当選    
・平成 15年 第43回 衆議院議員総選挙に民主党から出馬 5期目当選    
・平成 16年 民主党幹事長に就任    
  民主党代表代行(副代表)に就任    
・平成 19年 衆院比例区南関東ブロックにて繰り上げ、6期目当選    
  民主党最高顧問に就任    
   民主党税制調査会長に就任    
       
・現在 民主党公共政策プラットフォーム内 『近現代史研究会』 座長    
       
  民主党政治資金団体 『国民改革協議会』 代表    
       
  全国各地で講演活動中